ブログの説明

絵本・児童書の専門書店です。小さいカフェもあります。

絵本と楽しいひとときを過ごしましょう。素敵な絵本をご紹介します。大切な人とご一緒に、あるいはお一人でも。あなたにぴったりの絵本が見つかりますように!

2017年10月15日日曜日

【本の紹介】水辺の番人 カワウ(たくさんのふしぎ2017年11月号)



 カワウは身近な水鳥です。くわのみ書房がある千葉県習志野市の谷津干潟でもよく見かけるお馴染みの鳥です。でも、実はカワウについて知らないことがたくさんありました。
 この写真絵本で初めて知ったことの1つ目は、羽の色が茶色だということ。黒だと思っていたので、驚きました。「味わいのある金茶色のうろこ模様で、光を反射し」と解説されています。表紙の写真を見るとその通りです。とても美しい。2つ目も羽について、油分が少なく、水が浸み込みやすいこと。カワウは水に潜って魚を採りますが、水が馴染む羽で潜りやすくなるそうです。カワウがよく羽を広げている姿をよく見かけますが、これも羽に浸み込んだ水分を乾かすためだそうです。
 3つ目は、カワウはアカエイも食べてしまうこと。アカエイは毒針をもっているとのことですが、刺されないように巧に獲物を振り回して弱らせ、一気に頭から飲み込んでしまうそうです。この絵本には、アカエイのほか、シマイサキ、ウナギ、メイタガレイ、ゴンズイなどを食べるところの写真が掲載されています。「鵜呑みにする」という言葉は、カワウが豪快に魚を飲み込む姿から生まれました。
 この絵本から、カワウに対する作者の深い愛情を感じることができます。作者はカワウのことを、自然豊かな水辺を守る番人と呼び、厚い信頼を寄せているようです。

水辺の番人 カワウ(たくさんのふしぎ2017年11月号)
中川雄三 文・写真

福音館書店
2017年11月1日発行
本体667円+税

2017年10月14日土曜日

【本の紹介】だいじなくつ(こどものとも年少版2017年11月号)



 主人公のももちゃんはママに新しい靴を買ってもらいました。色は赤で、サイズもぴったり。マジックテープが付いているから、一人で履くことができます。ももちゃんの大事な靴になりました。
 図書館のお話会のあと、ももちゃんの靴が見当たりません。赤い靴がポツンと残っていましたが、ものちゃんの靴ではありません。「ももちゃん おそいから さきかえるよー」といって帰ってしまった…。まさか、そんなわけはないよね?
 とても親しみが感じられる絵です。画用紙にサインペンで線画を描き、クレヨンで彩色したように見えます。ありふれた画材を使うことで、子どもの感情を何ら気負うことなく素直に描けたのかもしれません。
 大人でも、大切なお気に入りがなくなったらあわててしまいます。ももちゃんの心は不安でいっぱいです。大事な靴は見つかるのでしょうか。

だいじなくつ(こどものとも年少版2017年11月号)
にしむらあつこ さく

福音館書店
2017年11月1日発行
本体389円+税

“Rodina Market” 開催延期のお知らせ



 くわのみ書房が出店を予定していた “Rodina Market”の開催は10月15日(日)から22日(日)に延期されます。15日は天気予報で降水確率が高く雨の心配があるため、22日に延期することになりました(参照:http://www.rodina.jp/event/17671)。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
 くわのみ書房は、15日は通常通り営業します。

2017年10月13日金曜日

【本の紹介】ひつじかいとうさぎ(こどものとも年中向き2017年11月号)



 スズキコージの絵が素晴らしい。奥行きが深く迫力がある絵にぐいぐい引き込まれます。とくにお話が急展開する場面のくまの表情は本当に恐ろしく感じられるほど見事です。
 お話は、北ヨーロッパのバルト三国のひとつであるラトビアの民話をうちだりさこが再話しました。登場人物(動物)やエピソードが次々とつながっていく形式のお話です。累積譚というそうです。「ぐるぐる話」とも呼ばれ、同じ言葉が繰り返されて順序通り正しく続いていきます。子どもたちはすぐ覚えて、口に出して楽しめるでしょう。
 この絵本は、もともと「こどものとも」1975年9月号として出版されました。その後、「こどものとも年中向き」1991年3月号として再版され、今回3度目の登場となりました。古さを少しも感じさせない名作絵本です。
 文章と絵が的確な相乗効果を生み出しています。前半のゆっくりしたペースは後半にアップテンポとなって結末を迎えます。誰もが最後まで目を離すことなく読み終えてしまう絵本です。

ひつじかいとうさぎ(こどものとも年中向き2017年11月号)
ラトビア民話
うちだりさこ 再話
スズキコージ 画

福音館書店
1975年9月1日「こどものとも」第1刷発行
2017年11月1日「こどものとも年中向き」第2刷発行
本体389円+税

2017年10月12日木曜日

【本の紹介】すいどう(かがくのとも2017年11月号)



 扉のページでは、水が地面から噴き出しています。何が起こったのでしょう。どうやら水道管に穴が開いてしまったようです。工事が始まり、水道管の修理が終わりました。
 蛇口から流れて来るお水は、水道を使って私たちの家に送られてきます。水が通る道のことを水道と言います。水道の水が流れるパイプが水道管です。
 お水は料理や洗濯、お風呂など、いろいろなことに使います。水は私たちの暮らしに欠かせないものです。だから、水を運んでくれる水道はとても大切です。でも、私たちは普段、水道についてあまり意識することはありません。水道の仕組みをわかりやすく解説しているこの絵本が、水道のことを考えるきっかけになりそうです。
 水道のお水は、もともと雨でした。雨水が集められ、綺麗にしてから水道水として使われます。水道水は使われた後、海に流れ、蒸発して雲になり、また雨になります。水は地球を循環しているのです。水道について考えることは、地球環境を考えるきっかけにもなりそうです。

すいどう(かがくのとも2017年11月号)
百木一朗 さく

福音館書店
2017年11月1日発行
本体389円+税

2017年10月11日水曜日

【本の紹介】アンヘリータとおばあちゃん-メキシコのおぼん ディア・デ・ムエルトス(こどものとも2017年11月号)



 メキシコにはディア・デ・ムエルトスというお祭りがあるそうです。先祖を偲ぶ行事で、日本のお盆とよく似ています。この絵本では楽しいお祭りのようすが、アンヘリータという少女を通して描かれています。木版画の多色刷りと思われる絵から、人と人をつなぐぬくもりが感じられます。
 アンヘリータはおかあさんと一緒に小さな村で暮らしています。遠くの大きな町で働いているおとうさんは、たまにしか帰ってきません。ある朝、アンヘリータはおかあさんから、センパスチルという花をたさくさん摘んで来るように頼まれます。ご先祖様をお迎えするため、ディア・デ・ムエルトスの日の祭壇に飾るのです。
 アンへリータは「ごせんぞさまって なに?」と聞きました。おかあさんは「ずーっと むかしから つづいている かぞくのことだよ」と教えてくれました。去年亡くなったおばあちゃんも、アンリヘータのご先祖様です。アンリヘータは大好きだったおばあちゃんのことが気になっているようです。
 アンへリータとおかあさんが街に買い物に出かけると、屋台がたくさん並び、店の飾り付けも賑やかです。日本のお祭りと違うところは、死のシンボルであるガイコツの飾りがいたるところにあることです。付録の解説は、これらのガイコツは死が恐怖ではなく、ユーモアや敬愛の対象として捉えられていることの表れといっています。アンへリータはディア・デ・ムエルトスをきっかけに、おばあちゃんはいつもそばにいてくれると感じるようになりました。

アンヘリータとおばあちゃん-メキシコのおぼん ディア・デ・ムエルトス(こどものとも2017年11月号)
直江みちる ぶん
今井俊 え

福音館書店
2017年11月1日発行
本体389円+税

2017年10月8日日曜日

似顔絵を描いていただきました!




 こんな素敵な似顔絵を、とのむらせつこさんに描いていただきました。とのむらさんは先ごろ、「て」(こどものとも年少版2017年10月号、福音館書店)で絵本デビューを飾ったばかりです。「て」については、当店のブログやFacebookページでも紹介しています。
 くわのみ書房にご来店いただく機会があり、その際、さっと絵の具を取り出してあっという間に描き上げてしまいました。温かみのある絵を短時間に仕上げる手際のよさにびっくりしました。
 「て」の制作にまつわるお話もお聞きすることができました。内容をぎりぎりまで削ぎ取ってあの形になったそうです。とてもシンプルな構成が読む人の心を打つ絵本です。和紙を使ってリアルに描いた手の表情も見応えがあります。
 とのむらさんは首都圏などで書画教室を主宰されているほか、絵葉書や風呂敷、扇子、提灯など、和小物のデザインも手がけています。とのむらさんが絵を描き、「分とく山」料理長の野崎洋光さんが文を綴った「毎日まいにち 手間ひまかけて」(高陵社書店)は、野崎さんの料理のレシピ集も付いた楽しい本です。とのむらさんは「みんな違って 金子みすゞ最後の一日」(高陵社書店)の絵も担当されています。機会があれば、ぜひご覧ください。(くわのみ書房・店主)